天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オープンスクール2

涙ながらの説明会

今日は、中川学園が運営する、広島総合教育専門学校の学校説明会に出かけてきた。
ここは広島駅裏(歩いて10分)のところにあり、昨日のクラークに比べて
少し、歩かなければならない。
でも・・・受付・・と・・そして・・入った瞬間!!温かみを感じた。

クラーク記念国際高等学校は、オフィースのような・・冷たさがある学校に感じた。
先生もマニュアル通りの対応である。
一応、学校の授業風景ビデオも見たけれど、素晴らしい!実に素晴らしい!学校である。
そして実際素晴らしい学校に違いはないと思う。
でも、素晴らしいだけで、通わせたい、行きたい高校には感じることが出来なかった。
ここは、高校生活で少しだけ挫折した、優等生が社会に出る為の、学びを得る
学校のように思えたのだ。

しかし、今日の広島総合教育専門学校は違う。

在籍生徒のうち、半数以上は中学時代、ほとんど学校へいかず・・・
はたまた、小学校から学校へ行けなかった子たちである。
その子たちが、ここではのびのび、自信をつけて楽しく学んでいる。
そして、大学へ専門学校へ就職へ・・様々に巣立っていくのだ。
ビデオでも紹介でも、生徒たちが手作りのビデオでぎこちない説明で
たどたどしいものではあったけれど、それがまた親近感がわいた。

卒業生、在校生の生の声も消けて、また、列席者の涙をさそった。
(涙が溢れる、学校説明会など、今まで経験したことがない。)
みんな、大変な思いをして過ごした小学・中学時代。
だけど・・ここでは変わることが出来るかも知れない。

生徒達への質問の中で、とても心が痛む質問を投げかけた保護者がいた。
「自殺を考えたことがありますか??」
その質問に対して・・涙を流しながら、「考えたことがある。」と言った子ども達。
この子たちが変われた場所がここにはある。

そう思った時・・ここへ進学させたい。と言う気持ちがわいてきた。

今まで漠然としていた、しーちゃんも「ここへ行きたい。」と初めて口にした。
今まで、どうでもいいや。進学?外で働く?家にいる?と思っていたしーちゃんが・・
今日は、目を輝かせて、話を聞いていた。

昨日のクラークは、本当にたいくつそうだった。

後、1校 並木学園の説明会も残っているんだけど、ここも通信制なので
クラークと同じような体系かも知れない。
なので、キャンセルをしてもいいかも。
[PR]

by kimamak | 2007-07-29 23:42 | 最近の様子
<< オープンスクール3 オープンスクール1 >>