天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いろいろあり過ぎて・・・

新年早々、末っ子、大ちゃんが激しい嘔吐と腹痛で
24時間以上経っても、腹痛がおさまらなかったので
救急車で、国立病院に行きました。

そこで下された診断は・・急性虫垂炎!!
なんと、盲腸で緊急入院&緊急手術となってしまいました。
大ちゃんの入院もさることながら、急なことに家のことはどうしよう。
旦那は、丁度当直の為にいません。

頼りになるばあちゃんも、年末から足の腫れがひどくて病院通い!
家のことをまかせる状態ではありません。
幸いなことに、土曜日は始業式だけ、後は日曜日を乗り越えれば
月曜には旦那が帰ってくる。

月曜日は祝日の為に学校は休みだし。
心配なのは晩ご飯だけだった。

取り合えず、日曜日には母たちに大ちゃんの面倒をみてもらって
家の用事をする為に、我が家に帰ってきた。

そして夕飯はカレーを作っておこうと思い、しーちゃんにも手伝ってもらった。
手伝った!と言うより、ほとんどしーちゃんが作った!と言っても過言ではない。

冬休みに入り、ますます、しーちゃんの調子が悪く・・・去年よりさらに悪かったので
年末から年明けにかけて今年は最悪。と思っていた私だった。

そこへ持ってきて今回の末っ子の入院騒動!!
しーちゃんは母を困らせたりしないだろうか?そっちの方が不安だった!

ところがカレー作りは、まろやかで私より上手に出来て、みんなから好評だった。
そして、長男とともに家のお手伝いもしてくれたり、普段は家から出ないのに
一人で、歩いて(病院までは歩いて20分かかる)来てくれたり。
新学期も、私がいなくても何とか起きて学校に行ってくれたり
学校から帰りに直接、病院に来てくれたりした。

しーちゃんのやれば出来るじゃん。と言う行動に、嬉しさも感じていた。
このまま、素直に学校へ行ってくれれば・・・・・・

でも、そうはいかなかった。
新学期に入って1日学校へ行っただけで、またもや登校拒否を続けるしーちゃん。
そして、末っ子の入院中だった素直なしーちゃんは、どこへやら・・・・
退院して帰った私の前に、立ちはだかる黒い闇!!

その闇に一瞬の光も見え初めてはきているのだけれど・・・・
[PR]

by kimamak | 2007-01-13 23:13 | 最近の様子
<< 行く?行かない? 心を鬼にして・・・ >>