天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いろいろな人生

昨日は中学の通知表渡し&個人懇談会でした。
個人懇談は三者懇談なのだけど、私はずっと二者懇談で受けてます。
しーちゃんに、「母さんと先生の懇談じゃないんじゃけど・・・」と言っているけど
いつも、懇談には出席しようとしません。

最近、また児童支援のH先生と養護教論のF先生が連れ出したりしてくれることで
時々は学校に行くようになったしーちゃん。
昨日も学校へ行ってはいたのだけど、学校が終わると即効で帰ってきたみたい(ーー;)
私は仕事帰りに学校へ向かいました。

担任のK先生は2年間、しーちゃんの担任で、不登校児のこと発達障害のことを
とてもよく勉強してらっしゃるので、安心して話をすることが出来ます。

そしていつも、話に出てくることはうちの中学に赴任してくる前の中学でも
やはり不登校児の男の子を受け持っていたとのこと。
その子は、中1の3月から結局1度も学校へ出てくることなく、400日間学校を休み続け
最後は卒業式に1回顔を出したと言うことでした。

当時、そこの中学にはSCはおろか、面倒をみてくれる先生がいなくて
K先生が体の許す限り、学校が終わるとその子の家を尋ねていたそうです。
でも、いつも玄関払い(その子が会わない為)
しびれを切らした先生はある時、親の許可を得てその子の部屋に押しかけて
行ったそうです。
そして、その日を境に打ち解けて・・卒業1ヶ月前に、「俺、高校へ行けるんかな。」と
言ったそうです。今更何言ってる?と先生は思ったのだけど、
嬉しくてその子の為に、英語と数学のテキストを用意して一緒に、勉強をしたそう!!

その子はそれから全日制の高校へ進みます。
でも、いろいろあって、そこを退学して1年遅れではあるけれど別の高校の
定時制に通っているそうです。

先生は、自分はいろいろな子を見てきた分、いろいろなことを知っている。
今はその子供のペースに応じた進む道も出来てきているので、
進路の時にはまた相談してください。と言われました。
今は・・まだ・・いい・・・でも義務教育が終わったら。と不安があったので
この先生に相談に乗ってもらえるなら・・と何だか心強くなりました。

それから私の古いメル友の子供が中学で不登校になっていたので
順調に行ってれば現在は高校3年だよな。と思い・・先日久々にメールしてみました。
彼は結局、高校には行かなくてずっとニートをしていたのだけど
今年の夏に急に車の免許が欲しくなり、働き始めたそうです。
でも、今は中学生の弟が不登校で悩んでいました。
まあ、お兄ちゃんの例もあるので弟の場合は何とかなるさ。と
ちょっと気楽に構えてるらしいけど・・・・・

もう一つは私が中学の時からのペンフレドの子供も進学校に行き
ついていけず、中学は不登校・・結局高校は別の学校に進んだけれど
不登校で退学をしました。
そんな彼も少しづつ、通信制の学校へ行き、この度大学を受験して
来年からは大学生らしいです。

それぞれの進む道・・・みんな違うけれど・・・・希望を持っていれば
変わってくるのかな!と思いました。
まだまだ、難題なんだけどね(T_T)

今日の終了式も登校予定だったのに、結局行かずに・・・
児童支援の先生H先生がきてくれていろいろ話しました。

H先生が言うには・・「お母さん、何かあったら例え起きないんです。お越しに
きてください。と言う電話でもいいのでつかってください。」
「パニックで寝ないんです。」と言う電話でもいいとおっしゃいました。

先日も「寝ないんです。」と夜の11時に電話がかかってきたので行ったそうなのです。
11時から12時までそこにいたそうです。

えっ?そんな電話もする人いるんだ。そしてそれに寝るの起きるの関係なく
応対するH先生って凄い!!と思いました。
[PR]

by kimamak | 2006-12-22 22:19 | 最近の様子
<< 心を鬼にして・・・ 先生が我が家へ・・・ >>