天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

結局学校って(T_T)

昨日はカウンセルの日だった。
そして、その日を境に辛く悲しい、私の心へと変わっていく。

昨日は涙が次から次へと溢れて止まらなかった。
小学校のママ友達にカウンセルの話をする時でさえ、
涙が溢れてきた。

スクールカウンセラー・・親の心まで追い詰めて!!
本当に心理カウンセラーなのだろうか???
ママ友達の一人に精神科の看護婦さんがいるのだけど・・・
その話をした途端、それは「心理カウンセラーじゃないよ。
そう言うやり方、言い方をするのはただの
ソーシャルスキルワーカーだよ。」と・・
そう・・昨日は行くとすぐに、「学校が出来る最大限はここまでで、
これ以上のことは無理がある」と言う・・・・
学校が出来る最大限と言うことは、学校への送り迎え!!
そう、出てこい!と言うから無理やり学校へ行っているしーちゃん。
無理やりなので、誰かの送り迎えが必要なのだ。

学校の養護教論が送り迎えをしてくれているので、それに甘えてた私も
悪かったのだけど、しーちゃんの送り迎えを私にして欲しいとのこと。
そして、木・金曜日は何とか、先生がついて買い物へ行ったり、
料理をすることが出来るけれど、それ以外は来ても一人で学習室で
ぼ~っとしているとのこと。
なので、私に半日でも一緒に来て、一緒に教室へいて欲しいと言う。

それを聞いて木・金以外は学校へ行っても何もしなく、ただただ一人で教室に
ぽつ~んと座ってるだけだったのか。と思うと何だかとても悲しくなった。

私は、下の子もいるので毎日の送り迎えは出来ないし(足もないので)
ましてや今現在は一緒にいてやることも出来ないとスクールカウンセラーには
話してスクールカウンセラーは、そのこととかまたこちらで考えましょう。と
言ったけれど、しーちゃんの気持ちを考えると胸がつまる思いだった。

そして、この先も学校へ通わざるを得ないしーちゃんの送り迎えをして
学校へ行ってもしーちゃんに関わってないといけない!と言うこと・・・
そんなことしていると、私自身もいつかは身体が壊れてしまいそうだ。
母親が倒れてしまうと、誰も面倒をみることが出来ない。
同じ立場の状況の中で、結局勤めをやめて、子供に関わっていかなければ
ならなくなった人が、自分が倒れてしまったと聞いた。

勤めや、外での人の繋がりは自分を少しでも軽くする最終の逃げ道なのに。
それさえも奪われてしまったら・・こう言う子を持った親は、自分を犠牲にしろ!
と言うのかな。結局そうなのかも知れない。

学校へ来いと言うので行かせてた!行けば学校側が対処してくれるんだ。
と思っていた私は、とても辛く悲しい気持ちになった。

結局、学校側は「こちらも頑張っているんだから、
お母さんも頑張ってください。」と言いいたいのかも知れない。

私は・・一生懸命やっている。頑張っている。もうこれ以上は頑張れないよ。
本当は「お母さん、頑張らないでいいんだよ。」と言う言葉がけが欲しい。
今、学校に追い詰められていて、私自身も精神に異常を
きたしてしまいそうだ。
本当は・・もうほっておいてくれていいです。と言いたい。
その方が私も少しでも気がはれるのに。

結局、家族しかない。
私が何とかしてこの子の道を考えてやらなければならない!
でも、しーちゃんが何を考えているのか、さっぱりわからない。
今のまま、学校へ行くことを望んでいるのか。
他の方向へ少しでも行こうと思う気持ちがあるのなら、私もうつ手はあるのに。
わからないから・・このまま、学校側へ流されて!
私自身の感情も崩落していく。

今言われている、教育の現場に慢性的な先生不足が
原因もあるのだろうけど、不登校の子供をしんみに見てくれる先生がいない。
いないのに、学校側は表向きの単位を取らす為だけに、
学校へ足を向けさせようとするだけみたいに感じざるを得ない。
[PR]

by kimamak | 2006-10-28 23:20 |
<< 久々の日記 元気と勇気 >>