天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

不登校時代へ

遅刻ギリギリになりながらも、小学校へ通っていたしーちゃん。
そして卒業!普通だったら、喜びいっぱいの卒業式!
でも、しーちゃんにとってはこれから始まる、中学校と言う大きな壁に
どう立ち向かっていくか、親としては不安でいっぱいだった。

まずは中学校は小学校より、随分家から遠いということ(歩いて20分)
歩いて5~10分の小学校へも遅刻ギリギリで行っていたのに
果たして中学へはちゃんといけるかどうか不安だった。
そして、しーちゃんは物の管理が出来ない!
中学は教科書を含め、副教材やプリント(親でさえわけがわからない物)が
いっぱいでその管理が出来るかどうかも気になっていた。

そして中学へ入学・・それでもしーちゃんには仲の良い友達が3人いた。
その子達は頭がよく面倒見もいい。
入学して1週間はその子達と学校へ行くから・・とはりきって早く起きて
出かけていた。そしてその中の1人が必ず、学校へ行く前に持ち物検査をして
くれるらしく、忘れ物がないかチェックしてくれていた。
このままこれが続いたら・・・でも果たして・・続くか・・それも気になっていた。

そして1週間が過ぎた頃、クラブ活動も始まり、一番面倒見がよかった子が
テニス部に入り、朝連に行くようになって一緒に登校するというのがなくなり
しーちゃんの生活が変わり始める!!

まずは・・・なかなか学校へ行かなくなり、行く前になると必ずトイレに入り
長い用を足すようになった。
それでも最初のうちは「遅れる旨を学校に告げて、私が連れて行っていた。」
それが何日か続き・・・・不登校へと突入することになる。
そう・・・中1の6月の末にはすっかり不登校生活を送ることになる。

そう言えば・・余談だけれど・・・そんな夏休みに・・・・家族で心霊現象の
テレビを見ていたところ・・・・・・急にしちゃんが・・・・・
「私・・小学校2年生の時、1階のトイレで何か見たんよね。
じゃけん、1階のトイレには行かなくなったんよね。」と突然言った。

えっ???だから???小2の秋???
それって頭が持ち上がらなくなった時期と同じじゃん。
何だか背筋がぞ~っとした。

後に広汎性発達障害とわかって、関連する本を読みあさってる時に
「発達障害児は得てして見えないものが、実在するかのように
見えることもある。」と書かれていた。
それって、覚せい剤常習犯が見る幻覚症状に似ているのだろうか???
[PR]

by kimamak | 2006-09-03 15:54 | しーちゃんの歩み
<< 担任の先生が・・・ 学童期 >>