天使の贈り物


広汎性発達障害・不登校・・悩みながら、それでも前向きに明るく暮らしている母のブログです。
by kimamak
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
Carisoprodol..
from Carisoprodol.
Animal gay z..
from Video zoo porn..
Denver ephed..
from Ephedra lawyer..
Ambien online.
from Generic ambien.
Horse traini..
from Horse mating v..
Drugs detect..
from Ambien.
Xxx video on..
from Xxx video on d..
Lesbian porn..
from Free lesbian p..
Women having..
from Porn- animals.
Kim kardashi..
from Kim kardashian..
お気に入りブログ
link集
*お友達リンク*
三人娘
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

幼児期

いろいろとあった乳児期を経て・・しーちゃんもすくすくと育ち幼児期へ

2歳の頃のしーちゃんは普通の子供と変わりなく、
順調に育ってるかに見えた。
ただ一つかなりひどいアトピー性皮膚炎があったのをのぞいては・・・
アトピーで身体がかゆいのか、かきむしっていつも顔や身体が
血だらけになっていた。それでも、元気よく3歳に突入!!

3歳の頃のしーちゃんは、まだ幼稚園にも行かないのに本を読むように
なっていて将来に期待をふくらませくれていた。
でも、なぜか周りの子と違い、落ち着きがない。
しかし、その頃はまだ、大なり小なり、人によって成長が
違うのであろうと思っていた。

幼稚園に入ってからは、人より一歩遅れながらも一生懸命に頑張っていた。
でも、やはり、人と比べて幼いと言うか落ち着きがなかった。
外に連れて出ても5、6歳児だと言うのにレストランの長いすで
寝っころがったり、気にいらないことがあると、人前でもだだをこねる。
まるで、赤ちゃんのように・・・・・

決定的に私の母を苦しめた出来事!
6歳のある時、私が末っ子を生んで入院していたので母にしーちゃんの
皮膚科をお願いしていた。
しーちゃんは特に珍しく、興味があるものは手辺り次第触る子だったので
皮膚科でも、器具等を触ったりしていたそうで、先生に「落ち着きがない!
いつもこうなのか?」と怒られたそうだ。母はそのことを悲しんでいた。
と、同時にそこの皮膚科が私も母もイヤになり、それ以降は
別の皮膚科に転医することになる。

だけど、6歳にもなってどうしてこの子は・・と思える出来事がたびたびあり
私もほとほと疲れてしまっていた。
[PR]

by kimamak | 2006-08-29 00:08 | しーちゃんの歩み
<< 職場体験 *誕生* >>